痒い所は言うべきなのか

投稿日:

美容室のお客さんなら誰もが一度は疑問に思った事があるのが、シャンプーをされる時の「痒いところは無いですか」ではないでしょうか?「そう聞かれて本当に、ここが痒いです、って言う人なんているの?」という疑問です。そして「本当にここが痒い、と言っても良いの?」「言ったらどうなるの?」という疑問でしょう。そもそも人に「どこが痒い?」と聞かれて「ここが痒い」と答えて「では掻いてあげよう」というような会話を他人とする事なんて日常ではほとんどないでしょう。夫婦や親子であれば手の届かない所を掻いてもらうと言う事はあるかもしれませんが、シャンプーの最中にそのような会話をする事なんてまずありませんし、美容師は夫婦でも親子でもない他人です。そんな立場の人に「ここが痒い」なんて言うのは恥ずかしい、というのが大方のお客さんの想いだと思われます。では実際に「ここが痒い」といったらどうなるのか、と言うと美容師は普通にその部分を重点的にマッサージしてくれるようです。良く考えたらその対処は当たり前と言えば当たり前です。ですから美容師側からしたら「せっかくなんだから言ってくれたらよいのに」という事なのではないでしょうか。遠慮しているのは案外損をしているのかもしれません。

美容師には聞けない疑問

美容室に行くと各お店で色々とシステムがちがったり美容師のみなさんの対応も少しずつ違っていたりしていつも緊張してしまう物ですよね。そもそも美容室と言う場所はいつもきれいでおしゃれで、そこで働く美容師の皆さんもとても洗礼されている感じがして、なんとなく自分が行くのは場違いなんじゃないか、と気が引けてしまう感じがしたりします。少し敷居の高さを感じてしまう事が多いですよね。そしてそこで行われる作業やサービスに関して「今更聞けないけどどうなんだろう?」という疑問を持っている人も多いと思います。自分の髪の毛や頭皮を見られてしまう、という気恥ずかしさからなんとなく余計な事は聞かないようにしていたり、つまらないと思われたり、笑われたりしないだろうか?という心配からじっとしているお客さんもいるのではないでしょうか。そんな美容室において本当は誰もが聞きたかったことや心配していた事、というのは案外たくさんあるのではないでしょうか。美容室と言う場所だけではなく、髪の毛というものに対しても疑問や噂話はたくさんありますよね。それって本当なの?と思っていても、いまさら美容師の皆さんにそういったことを質問するのは、ちょっと呆れられてしまうんじゃないか、と思うような事も結構ありますね。

おすすめサロン

価格・空間・技術あなたの「欲しい」がすべて叶う
綱島にある美容院
田園都市エリアを中心に人気殺到の大人可愛い上質サロン
溝の口にある美容院
上福岡で50年、地元の皆様に愛され続ける
上福岡にある美容院