情報を共有する

投稿日:

お客さんのクレームの中で、担当美容師に直接かかわることではない事でもクレームになることがあります。それはスタッフがそのお客さんの情報を共有していなかったことによってお客さんが混乱したり、思ってもいなかった事に巻き込まれたりすることです。たとえばお客さんはクセ毛であることに相当コンプレックスを抱いている、という事があったとしたら、その情報はスタッフ全員で共有しておくべきです。クセ毛であることに対して一人でも「このクセ毛、すごいですね!」などと茶化すような言い方をする人が一人でもいたら、お客さんはとても悲しい思いをすると思うのです。そのお客さんに対してクセ毛に関する話をする時には言葉を選んで、という事をスタッフ全員で心がけなくてはいけない所です。そういう事があると、お客さんはクレームを付ける、というよりはいつのまにかその後はその美容室に来なくなってしまう、という事になるかもしれません。たった一人のスタッフのことばでもお客さんにとってはお金を払って嫌な思いをするために美容室へ行ったようなものです。また逆にお客さんが自慢したい事、大好きな事についても情報を共有しておきたいものです。そうする事でどのスタッフと会話をしてもお客さんは美容室内で気持ち良く過ごせる、という事になります。柏駅の美容室で求人は主婦最近はお客さんもヘアスタイルやファッションに関する情報をプロと同様に得る事が可能になってきています。インターネットが普及した来たことでヘアスタイルやファッションのプロや、有名人たちが自ら情報を発信する事も増えてきましたし、その情報をいつでも私達は得る事が出来る様になってきました。ですから美容室に来店するお客さんもあらかじめ色々な情報を頭に入れてから来店する人も多いのです。最新のトレンドの情報を持って来店しているケースも出てきました。その時に美容師がそのトレンドを知らない、という事では話になりません。トレンドについては最新のものが頭に入っていて、それを実践できるだけのテクニックを求められています。ですから美容師は日々勉強をしなくてはならない、という事になります。お客さんが求めるヘアスタイルに対して十分な知識もテクニックも無いままにお客さんに向き合ってしまっては、その仕上がりが十分ではないケースもあり得ます。美容師のテクニックの不足でお客さんが満足できなかったのだとしたら、それはクレームにつながっても不思議はありません。お客さんからの仕上がりに対するクレームを防ぐためにも、美容師は日々新しい知識とテクニックを用意しておかなくてはいけない、という事が望ましいでしょう。

美容室以外でも復帰場所はある

投稿日:

女性美容師の皆さんが出産や育児がひと段落して、美容師として職場復帰をしようとする場合には多くの人はもともと働いていた美容室への復帰を望むものなのだと思うのですが、そのにこだわっていては上手くいかないケースもあります。少し視野を広げて別の美容室、もしくは美容室ではない所で復帰を果たす事も実際には可能なんですね。美容師の免許を持っていて実際に美容師として働いていた実績がある人が働く場所は、美容室ばかりではないんですよね。別の職場で働く事も選択肢に加えれば、復帰できる場所はかなり多いと感じるのではないでしょうか。たとえば派遣美容師として登録しておくこともひとつの方法です。家事や育児との両立にまだ慣れていない時には、自分が思う仕事だけを選ぶことができる派遣美容師はとても働きやすいんではないでしょうか。また復帰前に着付けやメイク、ヘアメイクなどのテクニックや資格を身に付けておけばさらに選択肢は広がります。イベントや結婚式などに出向いてヘアメイクやメイク、着付けをする美容師として働くことも可能です。最近は写真スタジオなどでも美容師を必要としている所があります。出産して子どもとの接し方にも慣れているなら、子どもの七五三や誕生日などの記念写真に携わるのもやりがいがあるかもしれません。篠崎駅の美容室は求人で社会保険美容師として復帰を考える時には、以前働いていた美容室を産休や育休を言う契約で休んだのであれば、問題なくその美容室に戻ることができるかもしれませんが、それでも確実に復帰を待ち望んでいてもらえるかどうかは解りません。美容室側の経営状態が変わっていたりすると復帰を歓迎してくれるケースばかりではない事もあるかもしれません。そういう契約ではない形で退職し、復帰しようと考える時には一から職場を探さなくてはならない事になります。うまく自分の思っている条件で働く場所があればよいのですが、育児や家事と両立したい、と考える時には色々と条件に当てはまらなくてなかなか応募先を見つけるのが難しい事もあるでしょう。ですから復帰を考える時には、まずは自分の条件をまとめておく必要があります。女性美容師の多くはせっかく取得した技術を捨てたくなくて、育児を終えて美容室に職場復帰する事を希望する人が多いものです。そしてそういう人が希望する条件はみな同じようなものでしょう。子どもを育てながら働く、という生活パターンは皆さん同じですからね。そうなってくると自然と競争率も高くなるので、なかなか復帰先の美容室が見つからない、という美容師も多いのではないでしょうか。