美容師に相談してみると、ハリやコシが失われた、と感じる髪の毛でも、数回の施術や日頃のヘアケアを少し変えてみるだけで、元通りの髪の毛に戻すことができる場合も有ります。少なくとも髪の根元がきちんと立ち上がる様にまで回復する人は多くいます。それだけでも、頭頂部のボリュームが改善されるので随分と印象が変わってくるものです。ですから美容師に相談して、どういう対策が今有効なのか、と言う事を一緒に考えてもらいましょう。それと同時に、美容師は、ボリュームダウンした髪なら、どの様なヘアスタイルにする方が、ボリュームアップして見えるようになるか、と言う事も良く知っています。一定年齢になって老化が表れ始めても、その事は話題にせず、相変わらず自分がなりたいスタイルを主張している人がいますが、ある程度の年齢になった、自分がしたいスタイル、というよりは、自分に似合うスタイルとか若く見えるスタイル、と言う事を重視した方が良いと思いますね。美容師はそういう知識もきちんと持ち合わせている人たちです。信頼できる人を担当にしてもらって、美容師に相談しながらスタイルを決めていく事で、ずいぶんと若さを取り戻す事が可能になってくるはずです。年齢を重ねると余計に自分の想いを通す人が多いものですが、そういう年代だからこそ、客観的なアドバイスに耳を傾ける方が良いでしょう。美容室に行って、髪の老化の対策を相談する時に、肝心なのはありのままの自分を美容師に診てもらう、と言う事です。病院に行って医者に診てもらうのに、患者が自分の事を偽って病状を申告したら、正しい判断も治療もできません。髪の毛に対しても同じことが言えます。自分が今している生活、髪の毛に対して気付いている事、困っている事、などを洗いざらい美容師に話す事で、美容師はそのすべてに対して、対策を考えてくれるはずです。老化は誰にでも訪れるものだ、と言う事を美容師は当然わかっています。そしてそういう人たちの悩みを少しでも解決しよう、と寄り添う事が美容師の仕事でもあるのです。ですから美容師に対して隠し立ては不要ですし、隠さない事でより良い対策を見つけてもらえるものです。時々、美容師の方から「少しボリュームが落ちてきましたね」と話しかけられて、年寄り扱いされた、と憤慨する人もいるようですが、そういう態度でいるといつまでたっても悩みは解決できません。また自分の判断で、市販の育毛剤などを片っ端から試してみる人もいるようですが、市販の薬剤と言うのは、人に合うかどうかの差も激しいですし、かなりきつい薬剤が使われている可能性が高い、と言われています。やはりプロの美容師に相談するのが一番良いでしょう。清澄白河 美容院