キャベツは胃腸に優しく、サラダに使われることも多いヘルシーな食事ですよね。
具体的にはわからなくても、何となくキャベツは健康的な食べ物というイメージを持っている人も多いのでは?

確かに、キャベツは栄養価に優れていて健康を促してくれますが、それだけでなく、美容にもいいものです。
できれば毎日十分な量のキャベツを取り入れていただきたいです。

キャベツを毎日たっぷりとりいれることによって、体もスッキリほっそりしてきて、お肌もつるつる、なんていう嬉しい変化もついてくるでしょう。

それでは、どうして毎日キャベツをとることで、そんなにも美容効果が期待できるのでしょうか。

○キャベツで美肌になれるワケ

キャベツ二は、ビタミンCが豊富に含有されています。このビタミンCによって血行が促進され、ドロドロだった血液もサラサラになってくるのです。

ビタミンCは特に、キャベツの外側の葉の部分に多く含まれていると言われています。
キャベツの中でもビタミンCが豊富なのは春キャベツで、他のキャベツと比較してみても、1.3倍程あり、いわばビタミンCの宝庫です。

○キャベツダイエットが効果的なワケ

キャベツダイエットは、個人的にもとてもおすすめです。
食べるなら食前にキャベツをたっぷりとるようにしましょう。
食前にキャベツをとることによって、食べ過ぎを抑制することができるからです。
よく噛んで食べるのもポイント。

できれば10分間かけて、キャベツをゆっくり食べてみてください。
そうすることで、メインの食事の量を抑えることができて、「足りないからもっと食べたい!」という食欲も軽減できるでしょう。
いつも腹10分目に食べてしまう人でも、先にキャベツを食べておくことによって、メインプラスアルファでお腹パンパンになってしまうのを防げます。

頬骨が高いと外人さんのようにかっこいいですが、日本人女性は、頬骨が高いのをコンプレックスに感じている人も多いでしょう。
頬骨が高い位置にあって張っていると、きつくて、男性的な印象を与えてしまいがち。
柔らかくてソフトな印象を与えられる、愛され顔を理想とする女性も多いはず。

そんな頬骨のコンプレックスも、メイクのコツをつかめば、そのコンプレックスを解消していくことができます。

大事なのは、光と影を使った立体感です。
光と影をうまく使うと、顔に凹凸ができるため、立体的に見えます。
この立体感を利用して、頬骨を目立たなくすることができるのです。

○チークの入れ方

チークを入れる時は、頬骨に沿って入れましょう。
頬骨が高いと頬骨によって影ができやすいですが、それをチークで消すようなイメージです。

内側に向かって丸を描くように意識して、ふんわり入れていきます。
おすすめのカラーは、オレンジ系やブラウンです。

頬骨の影をしっかりカバーしてくれるでしょう。
明るいピンクだと膨張して逆に目立ってしまうため、少し落ち着きのある
サーモンピンクやコーラルピンクを選ぶようにしましょう。

○コンシーラーとファンデーションの付け方

肌の色よりも少し暗めのコンシーラーを、
頬骨の最も高い位置につけましょう。

次はファンデーションです。
水分多めのものよりも、しっかり馴染むマット系がおすすめです。
この時、パールの入ったファンデーションを使うのはおすすめできません。
肌が明るく華やかに見えますが、
ツヤを出してしまうと、頬骨が目立ちやすくなってしまいます。

美容室 行徳 就職 求人