洗顔は基本的に朝と晩の2回行うことが基本になります。それ以上洗顔すると洗いすぎ状態になり肌から必要以上に皮脂を取り除いてしまうことになります。そんな状態が続くと自然と乾燥肌に向かってしまい肌のトラブルに悩まされることになります。朝の洗顔はどの位丁寧にやればいいのか迷い安いと思います。朝起きた時に肌が汚れている原因は寝ている間に分泌されている皮脂汚れによるものです。新陳代謝が活発に行われている睡眠中は意外と皮脂が分泌されていて、朝起きた時に洗顔を行わないと過酸化脂質となり肌にトラブルを招きます。そのため朝起きた時には皮脂がどの位分泌されたかということに左右されます。個人差がありますし、日によっても変化するので朝起きた時に自分なりに皮脂の量を考えて洗顔を行ってみましょう。洗顔料を使った洗顔が必要なのか、ぬるま湯で十分なのかを判断できれば朝の洗顔はそれ程難しくありません。夜の洗顔は一日の汚れがびっしりと肌についていますので朝の洗顔のようには行きません。こちらも洗いすぎには注意ですが、洗顔不足にも注意が必要になります。毛穴の奥まで汚れが詰まっている状態ですので毛穴の汚れを落とすつもりで洗ってみようにしましょう。洗顔を怠ってしまうと角質層が厚みをましてしまい毛穴の開きが目立つようになり、新陳代謝も悪くなって肌の老化につながってしまいます。正しく洗顔を行って肌の老化が進まないように注意してみてください。柏 ネイル