ダイエットを始めるつもりなら、普段の消費カロリーといったものについて考えてみる必要があります。まずは電車での通勤。電車に乗っている時、イスに座るのとつり革につかまって立っているのでは消費カロリーが違います。立っている状態の場合は30分で体重分のカロリーが消費されていると言われています。座った状態では消費カロリーは立った状態の半分くらいと言われていますので、電車で通勤している人は立った状態の方が痩せやすいということになります。お風呂はダイエットできる時間です。30分あたり体重の1.6倍カロリーが消費されていると言われています。ただしお風呂に入る時間が長くなると肌が乾燥しやすくなったり肌のバリア機能が低下したりと美容面でのマイナスが大きくなるため長風呂は控えたほうがいいでしょう。車での運転もお風呂での消費カロリーと同じくらいと言われていますので運転はそれなりのダイエット効果があるという事になります。食べ物でもカロリーの摂り過ぎを控えることが出来ます。ブラックコーヒーと砂糖やミルクの入ったコーヒーでは摂取カロリーが5倍から6倍も違ってくるため出来るだけブラックがおススメです。焼き鳥を食べる時は皮つきの物はカロリーが高くなります。また塩で食べたほうがタレで食べるよりもカロリーを抑えることになるため、焼き鳥を食べるときに気を付けてみるといいでしょう。普段の何気ない生活を観察してみるとカロリーを効率的に消費することが出来るので、日常生活の過ごし方について考え直してみてください。美容のために自分の姿勢を気にしているという人も多いと思います。どんなに体が細くてスタイルがよくても姿勢が猫背では自信なさげで暗く見られてしまいます。せっかく綺麗なプロポーションをしているならそれをより綺麗に見せるために姿勢を見直していましょう。また体型に自信のない人も猫背を改善する事で痩せやすい体にする事ができます。ダイエットを始める前にまずは猫背の改善を考えてみるといいでしょう。猫背を解消するためには背筋力が必要になります。うつ伏せになり脚を持ち上げ足首のあたりを手でつかむようにエビ反りの状態で背筋を鍛えてみると簡単にトレーニングする事ができます。慣れないと回数をこなす事は難しいかもしれませんが、無理をせずにトレーニングをしましょう。休憩をはさみながら数セットずつを毎日行っていくと背筋力が付いてきます。猫背は日常生活の姿勢を意識し続けることで改善できますが、背筋がないと維持するだけでも大変で続ける事が出来なくなります。まずは筋力をつけるところから始めましょう。背筋が付くと基礎代謝が上がります。さらに猫背を改善して体全体の筋肉をバランスよく使えるようになるとさらに基礎代謝が上がりダイエット効果が高くなります。脂肪を燃焼しやすい体にする事ができますのでいきなり猫背の姿勢を直すという事を考えるよりも筋力をつけるところから始めていくと正しい姿勢を維持しやすくなり猫背も改善しやすくなっていくはずです。月島 美容院