冷え性は冬に悩まされるものと考えている人も多いかもしれません。気温が下がって来るから自然と体も冷えやすくなり血行も悪くなって冷え性を実感する機会が多くなるのは確かに冬です。でも冷え性体質を作ってしまっているのはどちらかというと夏場の過ごし方にあります。夏は気温が高く、自分の体が冷え性であることを実感できる機会も少ないですし、冷え性の人でも快適に過ごしていける季節となります。夏場が冷え性体質を作ってしまう原因については、室内温度がクーラーによって下げられてしまうこと、気温の高さから体温を調節するための代謝機能が低下すること、涼しいところで過ごしていると発汗機能が悪くなり体温の調節が悪くなることが考えられます。人の体は夏が来れば発汗などで体温を調節する機能が高まり、冬になれば気温の低さで体温が低下してしまわないように代謝を上げて体温を維持するという自然な働きがあります。クーラーによる室温の低下と運動不足による発汗機能の低下は本来持っている体温調節機能を狂わせてしまい、それが冷え性という形で現れてきてしまうのです。夏は汗をかくようにして過ごし、室内の温度は下げすぎないようにしましょう。代謝が低下しやすいので意識して運動を行い代謝機能を高めて過ごせるようにします。汗をかくことを嫌う人は多いですが、人の体の大事な機能ですので、働かせてあげないと機能が低下していくだけです。夏場に快適に過ごせる環境ばかりに身をおかないことが冷え性を改善できる体づくりになるのです。上大岡 美容院