スキンケアでの保湿は入浴後すぐに行うということが基本になります。これは入浴してから15分程度経つと、入浴前以上に乾燥した状態、過乾燥状態になってしまうからです。入浴後にすぐ保湿できれば過乾燥を防ぐことが出来るだけでなく、水分の吸収力を上げて高い保湿効果を得ることが出来ます。だから入浴後保湿は早めの行うことが基本になります。でもこの時に勘違いしてしまいがちなことがあります。それは洗顔で顔を洗った時の水分が肌に吸収されているのではという勘違いです。もしも洗顔した時の水分を丁寧に拭き取らずに化粧水を使ったとしたら、まず保湿にはなりません。それどころか肌の乾燥を招いてしまうことになります。化粧水は肌に吸収しやすいように作られていますが、通常の水分は肌には吸収されにくい状態です。肌についた水分は乾燥するときに肌内部の水分も同時に蒸発させてしまい、乾燥を招く結果となります。化粧水を使う前に洗顔や入浴によってついた肌の水分は丁寧に拭きとってあげないといけません。丁寧に拭きとることで化粧水も肌に吸収されやすくなります。しっかりと化粧水で水分を補うことができれば美容液の美容成分も肌に吸収されやすくなっていき、望み通りの効果を得ることができます。入浴後の保湿は間違ったやり方をしていると乾燥肌の原因となってしまうことがあります。もしも間違った方法を取っていたとしたらすぐにでも改善して正しい保湿を実践していってください。柏 美容院