人間の肌は20歳あたりが成長のピークを迎えて完成されます。この時が一番若くて、ハリと潤いがあり、肌の機能も高い状態です。それからは時間が経つごとに機能が低下していき、ハリも潤いもなくなっていき、時間とともに肌が衰えていくことになります。肌の衰えを少しでも送らせて肌のピークである20歳位の状態を少しでも先延ばしできればいつまでも魅力的な女性を目指すことが出来ます。女性の場合は年齢を重ねていくと乾燥がひどくなるため、男性よりも肌の若さを保つことが難しいものです。でも乾燥していくという未来を予想出来ていれば、乾燥していかないようにケアしていくことで若さも保てるようになります。男性に比べて乾燥しやすい理由は皮脂の少なさなので、皮脂分泌の低下を防ぐように生活をしていきましょう。多少体型が太っている女性のほうが30代を迎えても肌が綺麗なんてことがありますが、あれは皮脂の量が痩せている女性に比べて多いことがひとつの要因になるようです。中性脂肪が多いために太ってしまいますが、その分皮脂が多くなり肌の乾燥が防がれてきめ細かい色白な肌が保てるということになります。女性の理想としては体型は細く、肌は乾燥せずが理想になると思いますので、皮脂の低下を防ぐためにも必要量の脂質を摂取しつつ、運動でカロリーを消費していき体型を維持していく生活が大事になります。皮脂の量はホルモンの分泌低下に比例しますので、ホルモンの恩恵を受けられる40代くらいまでは乾燥しないようにしていきましょう。新宿 美容院