美容師とお客さん双方が、互いに信頼し合って良い関係を築く事が、結果的には気持ち良い仕事が出来て、仕上がりにも満足する、という良い関係が生まれてくるものと思います。ですがそこには商売をする側とお客の立場、というものがありますから、どうしてもお客さんにしてみたら「私達は客なんだから!」と言う強みがあります。いくらお客様は神様だ、といったところで美容師だって人間ですから、そう思うようにいかない時だってあるものでしょう。ではどういう美容師だったらお客さんの方は満足できるのでしょうか。美容師は本当に望まれている美容師像と言う物をわかっているでしょうか?その辺りにズレがあると、なかなか美容師とお客の関係は良い関係が築きにくくなっているのではないでしょうか。お客苦にとっての理想の美容師と言うのは、どういう美容師なのか、と言う事を美容師自身が求められている事をきちんと知ろうとすることが、大切かも知れませんね。それが本当の意味でお客さんの事を考えることができる美容師になる、と言う事かもしれません。もっとも今の時代俗にいう「クレーマー」と言う類の人たちもいます。何でもかんでもお客さんの言う事を聞く、と言う事も実際には不可能ではあるのですけどもね。皆さんは、美容室に行った時にその美容室の照明器具について意識したことがありますか?このライト素敵だな、とかこの店内の明るさはなんだか性に合わない、とか意識したことがあるでしょうか。よほど自分にとって「嫌だな」と言う感情が起きない限り、その美容室の明るさやどんな感じであるか、なんてあまり意識しないものかもしれませんね。ですが実は証明と言うのは美容室に限らず、お店を設計する時には、とても大切な要素となっているのです。ですから美容室を開店させる時には、多くのオーナーさんたちがこだわるのが照明です。そしてその照明の使い方によって、集客を見事に成功させた美容室も実際にあるようです。もちろん照明だけでお客さんの人数が左右されるわけではないのですが、そこに失敗すると、確かに集客が悪くなるようですから、蔑に出来ない要素であることは間違いないようです。この照明を使って美容室の集客をアップさせるのには、そのための知識が必要です。ひとはどのような照明がどの様に使われていたら、心地よい、と感じるのか、というような心理的な事も知っておくべきでしょう。また当然ですが、お客さんだけではなく、美容師自身が働きやすいと感じる事の出来る明るさであることも必要ですね。相模大野 美容院